DOIからBibTeXデータを取得するには

JabRefは,DOIを使用して項目の残りを埋める手助けすることができます.

項目エディタを開き,Generalタブの中で DOIからBibTeXデータを取得 ボタンをクリックします. 当然のことながら,この機能は,当該項目に既にDOIが入力済みの時のみ使用できます.

Generalタブのスクリーンショット

項目をDOI情報を統合 ウィンドウが開きます.

項目フィールドとDOIから集めた情報の並列表示

並列表示のスクリーンショット

元の項目のフィールドと,DOIから集めた情報のフィールドが,ウィンドウ上部に左右に並べて表示されます.

両側の差異は,ウィンドウ右上隅にあるドロップダウンメニューを使って強調することができます. 差異の表示には,以下の5つの方法があります.

  • 平文:そのまま,強調なし
  • 差異を表示 - 単語:差異は右側に表示されます.元の項目から単語が削除されている場合には,その単語全体に赤い取消線が引かれます.単語がDOIから集めた情報で追加されている場合には,青い下線が引かれます.
  • 差異を表示 - 文字:差異は右側の項目に表示されます.上記と同様ですが,文字ごとに赤線や青線が引かれます.
  • 差異を対照表示 - 単語:差異は両側に表示されます.単語ごとに色付きで下線表示されます.
  • 差異を対照表示 - 文字:差異は両側に表示されます.文字ごとに色付きで下線表示されます.

列中央にラジオボタンがあるので,左側右側なし で,各フィールドにどちら側を採用するのかを選択することができます. 既定では,元の項目(左)が採用され,元の項目に存在しないフィールドは,全てDOIから集めた情報から採用されます.

統合後の項目:プレビューとソースコード

統合後の項目のプレビューとソースコードのスクリーンショット

選択を反映した統合後の項目が,プレビュー(左側)とソースコード(右側)の形で表示されます.

プレビューを右クリックすると,項目プレビューを印刷 したり, プレビューをコピー したりすることができます.

統合の決定

統合か否かの選択のスクリーンショット

最後に,どちらのフィールドを採用するかを選択した後,項目の統合 を押して決定することができます.決定しない場合には,取消 を押すことができます.

重複の検出項目の統合も参照のこと.