読込検査ウィンドウ

目的

サポートされている文献形式から項目を読み込んだり,インターネットから直接項目を取得したりした際,表示される検査ウィンドウでは,重複した項目を登録してしまうことを避けるために,保持したい項目を選択することができるほか,項目のBibTeX鍵を生成したり,グループに追加したりと云った簡単な操作を行うことができます.既存データベースへの読み込みを行う場合,各項目が既存データベースの項目の中に紛れてしまう前に,これらの操作を行っておいた方が楽なことが良くあります.

検査ウィンドウ

項目は,まず初めに検査ウィンドウに表示されます.もしこの操作に時間がかかりすぎたりする場合には,ウィンドウ下部の 停止 ボタンを押して止めることができます.

検査ウィンドウに項目が表示された時点では,これらの項目は,まだどのデータベースにも追加されていません.

検査ウィンドウのスクリーンショット

既定では,維持 列のチェックボックスが選択されていることからわかるように,全ての項目が読み込まれるよう選択されています.これらのチェックボックスをクリックすることで,項目を選択したり解除したりすることができます.左パネルには,読み込む項目を 全て選択 するボタンや,全て選択解除 するボタンがあります.

項目を(チェックボックスやアイコンの外で)左クリックすると,項目を選択することができます.すると,項目のプレビューが項目表の下に表示されます.標準操作通りに,Shift 鍵や Ctrl 鍵を用いて,複数の項目を選択することができます.そして,左パネルの 削除 ボタンを押すと,選択した項目をテーブルから削除することができます.

項目を右クリックすると,ドロップダウン メニューが表示され,

  • 項目を削除する
  • 項目をグループに追加する
  • ローカルファイルを項目にリンクする
  • 項目に対応するファイルをダウンロードする
  • 自動的にファイルを項目にリンクする
  • URLを項目に追記する

といったことができます.

重複項目

重複している可能性のあるものは,第2列に表示されるアイコンで示唆されます.このアイコンをクリックすると,類似性をチェックすることができます.左パネルのボタンで,重複を全て選択解除 することができます(検査なしに).

BibTeX鍵の生成

左パネルにおいて 鍵を生成 がチェックされていると,読み込みに際して,鍵が自動的に生成されます.また,いま生成する ボタンをクリックすると,それらの鍵をいま生成することができます.

データベースへの読み込み

項目の選択を終えると,ウィンドウ下部にある OK をクリックすることで,これらの項目をデータベースに追加することができます.あるいは,読み込みを 取消 することもできます.