保存時動作

データベース保存時に,フィールドの書き方を整える(剪定する)ことができます. これによって,項目の整合性のある書き方が維持されるようにできます. データベース特性保存時動作を有効化 をチェックすると,動作リストを編集できるようになります.

各動作は,

  • (動作が適用される)項目フィールド
  • 実行される動作の型(例えば HTMLからLaTeXへ.これは,ウィンドウ中に説明されているようにLaTeXコードをHTMLコードに変換します) によって,定義されます.

データベースモードに依存して,「BibTeXに対する推奨」か「BibLaTeXに対する推奨」ボタンが表示されますが,これを押すと,各モード用に推奨される剪定が呼び出されます.